相続登記と必要書類

相続登記を行う際には様々な書類が必要になります。
ではどういったものが必要になるのかと言うと、まず必ず用意しなくてはならないのが「被相続人の戸籍謄本」と「被相続人の住民票の除票、もしくは戸籍の附票と除票」です。
戸籍謄本に関しては相続人を確定させるために必要であり、この戸籍謄本は生誕から死亡まで、全てが必要になってきます。
住民票の除票などに関しては「被相続人を住所と氏名、本籍地で特定するために必要」とされていますから、これらは必ず準備しておかなくてはなりません。
「相続人全員の住民票の写し」も必要とされていますから、複数の相続人で相続を受けるというような場合には、必ず事前に写しをもらっておかなくてはなりません。
また、こうした相続に関しては「相続人全員で申請を行う」ということが原則となっていますから、代表者一人が手続きを行うというような場合には「委任状」も必要となります。
これらの書類がそろったのであれば、それを法務局に持参し、指示に従って手続きを進めていくということになるのです。
ただ実際に登記申請を個人で行うとなると、殆どの人が「必要なものが足りなかった」ということや「忘れていた、知らなかったことがあった」というようなトラブルに遭遇しています。
登記関連の知識に自信があると言う場合には問題はありませんが、そうではないのであれば司法書士などに委任をすることも検討するべきでしょう。