法定相続分どおりのケース

 

人間が死亡した場合には、所有していた財産を遺族が相続します。遺言がある場合には遺言に従って相続する事になりますが、遺言を特に残していない場合には法定相続分の財産を相続します。その際に具体的にどのように分配するかという事に関しては、民法で規定されています。
まず被相続人に配偶者と子供がいる場合には、配偶者が全財産の半分を相続します。残りの半分は子供が相続する事になりますが、子供が複数いる場合にはそれぞれ人数で割った分だけ相続します。2人であれば4分の1ずつ、3人であれば6分の1ずつになります。子供がいなく配偶者のみいる場合で親が既に死亡していれば、配偶者が全て相続します。親が健在であれば配偶者が3分の2を相続し、残りを親が相続します。また配偶者が既に死亡していたり、離婚していて子供のみいる場合には、全財産を子供が相続します。
次に被相続人が未婚の場合には、親が全財産を相続するようになっています。さらに未婚で親も既に他界しているケースでは、兄弟姉妹がいれば兄弟姉妹が相続します。複数いる場合にはそれぞれ人数で割った分になります。そして被相続人が天涯孤独で相続人となるべき人が1人もいない場合には、その財産は国庫に帰属します。